技能教習1中編

模擬ATで教えられていた通りに、
原簿(クリップで予約票も留めておく)、アドバイスブック、運転教本を渡す。ドキドキ。この手順は大丈夫だったようだ。渡すものが足りない!とか怒鳴られたらどうしようとか思っていたがまずはほっとする。

N教官「じゃあ、この車で行きましょうか。荷物は後部座席の左に置いてください。」
私「はい。」ドキドキ。後部座席左側はココだよな。
N教官「じゃあ、助手席に乗ったらドアを閉めて、シートベルトして下さい。」
私「はい。」ドキドキ。ドキドキしてることを悟られないように普通にドキドキしながらこなす(笑)

N教官の運転で実習場所まで移動する。
N教官「44歳って、初めてなの?」
私「はい。」
まあ、いきなり、タメ口調なのね。緊張感解きほぐす作戦なのね?あーそうですか。
N教官「へえーまた、なんで今取ろうと思ったの?」
私「前々から取りたいと思ってはいたんですけど、機会を逸してしまって。結婚して子供出来てから家族旅行とかやっぱり行ってみたいなとか思いまして。。取ろうと決心するまで随分と時間掛かっちゃいました。25年くらい掛かりましたw」
N教官「掛かり過ぎだよw」
私「そうですねw」
N教官「年齢を見た時はどうなんだろか、大丈夫かなと思ったけど、じゃあ、頑張りましょ」
私「はい。宜しくお願いします。」
やっぱり、歳とかプロファイルしながらスケジュール組んでくれたのね、やはり担任制なのだろう。

怖そうな感じは拭えないが悪い人ではなさそう(当たり前w)

N教官「最初からやることは沢山あります。まずは、乗り降りの練習。これは模擬でやったよね?その後、エンジン掛けて実際に外周を走って、スピードを出す練習して、よくニュースとかで聞く、コンビニとかに突っ込んでしまうATならではの事故について練習します。」
私「は、はい。」ひぇー頭パンク中。
N教官「まずは私がやってみるので見ておいてください。まずは乗るところから」
一旦車から降りる。
N教官「前に危ないものがないかどうか 。。。?」
私「よく見ます。」
N教官「後ろも確認して、大丈そうならドアを開けて素早く乗り込み、ドアを閉める前に後ろを確認して締めます」
N教官「じゃあ、助手席に乗って。ドアを閉めたら。。。?」
私「ドアロックします。」
N教官「イスの前後を合わせます。ハンドルの上に両手を置いて肘が。。。?」
私「曲がるぐらい」
N教官「そう。それでシートベルトして、ルームミラーの調整。ドアミラーはエンジンを掛けないと動かないからエンジンを掛けた後で。そして、ハンドブレーキが引いてあること、ギアがP(パーキング)になっていることを確認したら、ブレーキをしっかりと踏んでエンジンを掛けます。ハンドルの右脇のこの鍵を右に回るところまで回してください。」
こ、このへんは予習とか模擬でやったところ。なんとかついていけてるかな。
N教官「ブレーキを踏んでないと車が動き出します。これは。。。?」
私「クリープ現象
N教官「そう。思ってるより早いと感じると思うよ。」
。。。いちいち説明途中で語尾を上げながら、止まるんだよなぁ。私に質問してるのかどっちなんだろ?と思いつつ。一緒に理解をしていこうということか。クリープ現象!!!さっき予習して初めて覚えた言葉!!ヘヘーン!覚えてて良かった!ていうか、!難しい言葉知ってたんだから褒めてよ!!人は褒めて伸ばそうよ!

N教官「それじゃ行きますか。」
慣らし走行ってやつか、ふむふむ。えーとよくわからん。。
N教官「出発の時は合図を出して、右に行く時はウインカーを下に左に行く時は上で。

こっちのカーブは緩やか。カーブは曲がりたい量に合わせてハンドルを切る。どこまで回すとか覚えてもその時々なのでしょうがないから。カーブの前ではしっかりとスピードを落とす。」
うん!全然頭に入ってこないよ?
N教官「はい。じゃあ。やってみようか?もう運転するよ?」
へ?え?ええーー!?そりゃいつかは運転するだろうけど、も、もう?心の準備が何も。
私「はい」
仕方ない。。私の華麗な運転テクを見せる時が来たか。。

つづく